日本で無修正アダルト動画を見ると違法なのか?

日本で無修正アダルト動画を見たり、ダウンロードすると法に触れるのか

無修正アダルト動画を見たい!と思うのは男の性です。

無修正アダルト動画を見たり、ダウンロードしても、果たして法的に問題はないのか

動画を見たいけれど、それで逮捕でもされた日にゃ、目も当てられません。

当サイトで紹介するアダルト動画サイトで安心して楽しんでもらうためにも、そこをクリアにする必要があります。

紹介している以上、ガチで検証してみます。

エロしん
エロしん

ただ、僕は法律の専門家ではありません。それを踏まえ参考にしてください。

日本でも無修正アダルト動画の閲覧・所持について

まず、大前提として無修正アダルト動画は日本では「わいせつ物」に該当します。

ただし、個人が趣味の範囲で動画を見たり、ダウンロードしてコレクションすること自体は、何ら問題はありません

弁護士ドットコムより)

問題となるのは、動画をSNSでシェアしたり、自分のブログで公開したりした場合です。

以下、法的検証です。

「わいせつ物」である無修正アダルト動画の取り扱いについては、刑法175条(下記に条文記載)が適用されます。

したがって、動画を①頒布、②公然と陳列③販売目的所持した場合は、二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処せられます。

  1. 頒布とは、有償・無償問わず、不特定多数への交付すること
  2. 公然と陳列とは、不特定多数が認識できる状態にすること
  3. 販売目的所持とは、販売目的で自己の支配下に置くこと

簡単に言うと、

  1. 頒布 不特定多数の人にメールで送る
  2. 公然と陳列 ブログで公開したり、SNSでシェアする
  3. 販売目的所持 販売目的でDVDにダビングする

ということです。

ただし、児童ポルノについては話は異なります。

児童ポルノについては、児童ポルノ法により単純所持(目的を問わず持っているだけ)でも処罰されます。

以上より、個人が趣味の範囲で無修正アダルト動画(児童ポルノ以外)を見たり、ダウンロードしたとしても、上記には該当せず刑法175条は適用されません。

無修正アダルト動画は節度を持って楽しむ限り、何ら法的に問題ないのです。

  • 趣味の範囲での閲覧や所持は、法的に全く問題ありません。(児童ポルノを除く)
  • ブログでの公開や、SNSでのシェアは、刑法175条に触れます。

(わいせつ物頒布等)

第百七十五条 わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。

 有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

e-Gov法令検索

 児童ポルノとは

 18歳未満の男女を被写体とする写真や動画で、性欲を刺激するもの。衣服の一部を着けずに“殊更に”性器や胸などの性的部位を露出・強調しているものも含まれる。印刷物だけでなくデータも対象になる。

 単純所持の要件は

 自分の性的好奇心を満たすために持っている場合だが、児童ポルノの所持の経緯や扱い、内容や量などの客観的事情から総合的に判断される。

 電子メールで送りつけられたり、SNSで共有されたりした場合は

 それだけでは基本的に処罰の対象にはならないが、内容を知ったときは処分すべきだ。別のフォルダに保存し直したりした場合は単純所持になりうる。

産経ニュース(2015.7.14)

法的観点からの無修正アダルト動画サイト

では、当サイトで紹介している無修正アダルト動画サイトを法的に見ると、どうなるのでしょうか?

当サイトで紹介しているのは、アメリカのカリフォルニアに拠点のあるDTI Services, Inc.が運営するアダルト動画サイトです。DTI Services, Inc.は現地の法律に則りこれらのサイトを運営しています。

他方で、最高裁の判例によると、外国にいる外国人が、日本のユーザーに無修正アダルト動画をダウンロードさせると、ダウンロード部分が日本国内にかかるので、日本刑法(175条)が適用されるようです。

特定の者である顧客によるダウンロード操作を契機とするものであっても,その操作に応じて自動的にデータを送信する機能を備えた配信サイトを利用して送信する方法によってわいせつな動画等のデータファイルを当該顧客のパーソナルコンピュータ等の記録媒体上に記録,保存させることは,刑法175条1項後段にいうわいせつな電磁的記録の「頒布」に当たる。

平成26年11月25日 第三小法廷決定

これに関連して、2017年3月にカリビアンコム(DTI Services, Inc.が運営)の関係者が逮捕されています。

今年3月には、ついに海外配信無修正サイトにまで捜査の手が伸びた。無修正動画配信の最大手「カリビアンコム」の動画制作に携わったとされる関係者5人が、「わいせつ電磁的記録等送信頒布罪幇助」の疑いで逮捕されたのだ。このような事案で女優までもが逮捕されるのは、極めて異例なことである。

DIAMONDonline(2017.5.20)

記事をよく読んでみると、本件での逮捕

  1. 海外配信そのものについては問題になっていない。
  2. 動画の製作を日本国内で行っていたことが、製作スタッフが無修正配信の「幇助」にあたる。

ということのようです。

この事件から、海外で運営するサイトであっても、動画の作成が日本国内で行われるのならば、その行為は処罰される、ということが言えます。

この事件を境にカリビアンコムでは、サンプル動画やサンプル画像についてはすべて修正を入れるなど、日本の法令順守を意識した対応をしています。

  • 当サイトで紹介している無修正動画サイトは、海外で現地の法律に則り、適法に運営されています。

法的観点からのアダルトアフィリエイター

さて、最後に僕たちアダルトアフィリエイターは法的にみて問題ないのか?

無修正アダルト動画は、日本においては現状「わいせつ物」にあたります。

日本で無修正動画を取り扱って、問題ないのか?

結論としては、問題になる可能性はなくはないと考えています。

当然のことですが、当サイトでは無修正画像や無修正動画を扱っていません

無修正画像や無修正動画をサイトに掲載すると直ちにアウトです。

また、無修正画像や無修正動画へのリンクを張っただけでも、「わいせつ物」を公然と陳列したということになってしまいます。

つまり、無修正のサンプル画像やサンプル動画を掲載しているアダルト動画サイトの紹介はアウトということになります。

当サイトで紹介しているアダルト動画サイトにおいては、サンプル画像やサンプル動画は修正されています。(入会すれば無修正動画を見ることができます。)

このように、日本の法令順守を意識しているサイトでないと紹介できません。

裏を返せば、こういったきめ細かな対応ができるサイトは比較的安全で、安心して利用できるとも言えるのです。

  • 無修正画像や無修正動画へのリンクを張っただけでも、刑法175条に触れます。
  • 当サイトでは、詐欺サイト等は一切紹介しておりません。厳選した安全な無修正動画サイトのみ、ご紹介しております。(自分が捕まりたくないので…)

コメント